みえハワイフェスティバル



飾り

出演者

KUMU HULA Michael Dele Cruz
クムフラ マイケル・デラクルーズ
Tomoki Sato10代の頃、兄のジェームス・デラクルーズ氏とともに音楽活動をしていた時、伝説的ミュージシャンであるドン・ホーに才能を見いだされ、ファルセット・シンガーとして一躍人気に。
その後、音楽演奏を聴いたクムフラ故ジョージ・ナオペ氏(アンクル・ジョージ)にフラを披露したことがきっかけで、83年、兄のジェームスと共にメリーモナーク初出場を果たす。
兄のジェームス・デラクルーズ氏とともにオアフ島ナ オピオ オ コオラウを主宰し、現在、神奈川県平塚市に在住し、ナ オピオ オ コオラウ イアパナで直接指導している。

2014年メリーモナークフェスティバルにKeolalaulani Halau Olapa O Lakaのハラウの一員として出場。

【出演情報】
10月27日(土)11:00~、16:20~


Tomoki Sato
Tomoki Sato16歳でウクレレと出会い渡米。BarなどでLIVE活動を行なう。卓越したウクレレテクニックと甘いボーカルが評判となり「Happy」(オリジナル:ファレル・ウィリアムス)のカバーはyou tube動画再生30万回を達成!海外のウクレレフェスへ多数参加している。全編ウクレレ1本で作詞作曲された「La la life」は自身初のフルアルバムとなる。ライブでは、Happyで心地よい空気感に包まれたパフォーマンスが人気を呼んでいる。

【出演情報】
10月28日(日)11:46~、15:30~

ウクレレワークショップ
日時:10月28日(日)12:30~ 課題曲:糸 内容:ウクレレ中級者向け。コードの音の使い方などをレクチャー、なじみのある曲ですがひと味違った弾き方を楽しめます!
料金:2,000円 先着20名様
本部テントにて受付いたします。
ご希望の方は当日本部受付テントまでお越しください。
Ian Shiroma
IanShiroma出身はハワイ・オアフ島、現在は愛知県岡崎市に在住。ホノルルのワイパフで産まれる。
幼い頃から音楽に目覚め、10歳の時に演奏を学びはじめる。
ロックからレゲエまで様々なスタイルの音楽を経てハワイアンに行き着く。

22歳の時にカカアコ海岸から、プロミュージシャンとしてのキャリアをスタート。 毎週月曜の夜遅くまでビールを飲みながら”ホノルル・ジャミン・ハワイアン”や”ハパハオレ・チューン”などを演奏する。

ジャムセッションを繰り返すうちハワイアンミュージックに親しみを覚え1997年に ”バックヤード・パアイナ” バンドを結成。
このバンドは文字通り”バレットズ”のバックヤードで演奏し、バンドとしてのスタートはワードセンターにある”スクージーズ”にて 毎週金曜日の夜に出演。その後”ミラマー・ホテル”のロビーにある”ザ・バナナ・ビーチ・ラウンジ”にて火曜日の夜にレギュラー出演。当時は毎晩2~10人ほどしかお客さんいない中、3年が過ぎる。

2001年転機が訪れる。”バックヤード・パアイナ”はアラモアナ・センターにある”マイタイバー”での レギュラー出演という大きな飛躍をする。 その後ハワイアンミュージックの観点からは休息と思われるが、彼は一時的にロック・カバー・バンドとして 有名な”サムズ・ガーデン”に加入。ロックは彼をアツくしたが、心にはいつもハワイアン・ミュージックがあった。

2008年、イアン・シロマはオアフ島を離れ 愛知県岡崎市に移住。
セカンドアルバム(日本デビューアルバム) “ボーン・オブ・ソング" 発売。
ハワイのグラミー賞とも言われるNa Hoku Hanohano AwardのINTERNATIONAL RECOGNITION ALBUM OF THE YEAR部門に、"Born Of Song"がファイナリストとなる。


【出演情報】
10月27日(土)12:12~、15:15~


トップページに戻る

飾り